交換時期を知る|タイヤの取り付けと交換|専門業者がしっかりやってくれる

タイヤの取り付けと交換|専門業者がしっかりやってくれる

  1. ホーム
  2. 交換時期を知る

交換時期を知る

男性

タイヤには溝がありますが、この溝はタイヤ交換したての時だとはっきりと確認することができます。ただ、車の運転はするものの、車の整備について詳しくない人が非常に多いです。そのため、交換時期を見逃すことが多くなってしまうのです。中には整備工場にタイヤを持ち込み、交換したきり全く触っていないという人も存在し、最長で5年の月日が経とうとしているケースもあります。こうなるとタイヤ交換の時に見えていた溝もすっかりなくなっていて、走行するには危険な状況になっているはずです。タイヤ交換の時期を知ることで、様々なトラブルを未然に防ぐことができますからまずはチェックをしてみましょう。

タイヤ交換が必要な時期は、製造年数です。持ち込みで施工を依頼する人のタイヤは、製造年数をはるかに上回るまで使っている人も多く、6年取り替えていない人もいます。あと少し遅れていれば走行中にパンクする寸前でした。タイヤ交換をする前に製造年数を確認し、そこから3年から5年経過している場合は好きなタイヤを持ち込み施工をしてもらいましょう。ガソリンスタンドやディーラーだとタイヤの持ち込みを快く引き受けてくれますし、丁寧に施工をしてくれます。年数が経過しているタイヤは、傷と亀裂がとても目立ちます。これはゴムが劣化している証拠ですが、夏場は気温が上昇しやすいため、路面が高温になります。その時に車を頻繁に走らせるとひび割れの原因になるため、持ち込みによるタイヤ交換が急がれます。また溝の減り具合にも注目しましょう。使用限度は法律で定められている通り1.6mmとなっており、性能が落ちたタイヤだと3mmまで落ちます。こうなるといつパンクをしてもおかしくない状況でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加